中国工場品質管理・生産委託先品質指導・異文化コミュニケーション研修

TRAINING

研修プログラム[1]

中国工場で品質管理を実践する・指導するポイント
中国取引先工場の品質改善指導の進め方 研修

(1)3Mの面から品質問題を捉える

1.人(Man)
作業者 / 管理者 / 経営層 / 日本人駐在員
2.設備・機械(Machine)
・日本と同じ設備なら大丈夫か
・ノウハウ伝承と維持標準化
3.材料(Material)
・中国部材の問題点と使う側の問題点
・部材品質と対処法
・中国部材を使いこなすには

(2)中国工場の品質管理・品質改善で押えるべきポイント

1.中国工場品質管理の3つの歯車
2.中国工場のABC
3.中国工場は日本工場の鏡
4.3つの歯車を回して管理レベルを上げる
5.人材育成-従業員教育の進め方
6.人材マネジメント
7.自社工場改善実施のための大前提
8.課題解決の順序-工場のレベルで順序は異なる
9.課題解決の基本は日本と同じだが・・・
10.中国要因を見極める/事例
11.品質改善が進まない・不良が繰り返される理由
12.組織マネジメント
13.改善文化を定着させるには

(3)取引先工場を見るとき・指導するときのポイント

1.中国企業と日本企業の違いを認識する
2.意識のずれを解消する
3.取引先に対応してもらうためのポイント
4.どこまで求め指導するか
5.2つの視点を持つ
6.短期的視点-不良を外に出さない仕組みを作る
7.生産委託など生産量が少ないものへの対応
8.長期的視点-育てるという視点
9.継続チェックの重要性
10.問題点の分析と改善事例

(4)新規取引先を見極めるポイント、チェック項目

1.改善の工場監査とは異なる視点を
2.新規取引先選定のポイント
3.中国工場を見極めるポイント

※事例を使ったワークを行い、問題の解決について一緒に考えていただくなど、実践的な内容にしています。

研修プログラム[2]

中国異文化コミュニケーション研修
中国で仕事をするための異文化コミュニケーション

(1)中国の人の考え方を理解する

1.中国の人を一律でなく区分して見る
2.中国の人の気質(謝罪、面子)
3.会社との関係-帰属意識
4.中国の人に対する指示の出し方

(2)中国企業との付き合い方

1.ビジネスはシビア
2.スペックの謳い方
3.人と人との信頼関係が中国ビジネスの基本
4.食事・お酒の席でのマナー
5.失敗事例

(3)中国の人との付き合い方-コミュニケーションのコツ

 1.コミュニケーションの取り方の違い
2.中国の人に対してやってはいけないこと
3.言ってはいけないひと言
4.贈り物、お土産としてふさわしくないもの
5.通訳の使い方

※ケーススタディを用いたワークを行い、より実践的な内容にしています。

オンラインセミナーお申込
各種お問い合わせ